作家・高嶋哲夫


有限会社風企画は、作家・高嶋哲夫のマネジメント業務を行っております。講演依頼などありましたらお問い合わせください。

→お問い合わせはこちらへ

高嶋哲夫(たかしまてつお)プロフィール

 

慶應義塾大学卒、同大学院修了後、日本原子力研究所研究員(1979年、日本原子力学会学会技術賞受賞)。UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)留学。

帰国後に作家へ転身。1994年から本格的に作家として活動し、現在は家族愛をベースとして科学技術の先端知識を駆使したエンターテイメント作品を精力的に執筆している。海外で翻訳出版されている著書も多数あり、日本国内のみならず世界へ向けて作品を送り出す。
講演では、自身が阪神淡路大震災に遭遇した経験をもち、「(この経験を)自分が伝えなければ」という強い思いから、防災に関する知識と対策を語る。また、教育者としての経験から、「いじめ」を題材にした著書をもつなど、教育に関しても関心が高く、啓蒙活動を盛んに行っている。

【主な賞歴など】

1979年 - 「Drive characteristics of a fast movable limiter in the JT-60 tokamak」で日本原子力学会技術賞受賞
1990年 - 『帰国』で第24回北日本文学賞受賞

1994年 『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞受賞
1999年 『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞・読者賞ダブル受賞
2006年 井植文化賞(文化芸術部門)受賞
2007年 『ミッドナイトイーグル』映画化(松竹映画、ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン共同制作)
2010年 『風をつかまえて』第56回青少年読書感想文全国コンクール課題図書(高等学校の部)に選定

2011年 神戸市文化賞(芸術・文学)受賞

2013年 『Fallout』(『メルトダウン』英訳。Vertical、Randamhouse) 、『索命基因』(『命の遺伝子』中国語訳。南京大学出版社)

2017年 『福島第二原発の奇跡』で第37回エネルギーフォーラム賞優秀賞受賞

2018年 『都庁爆破!』テレビドラマ化(TBS)

【主なメディア出演(メインでの出演のみ)】

テレビ

「たけしのTVタックル」(テレビ朝日)
「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。」(NTV)

「かんさい土曜ほっとタイム」(NHK)
「新ニッポン探検隊!」(日本テレビ)
「未来ビジョン 元気出せ!ニッポン!」(BS11)
「報道特集」(TBS)
「サンデーモーニング」(TBS)
「一年まるごとモギュッと もぎたて年末ハイライト2011」(NHK)
「ニュースチャージ」(OHK)
「とってもワクドキ!」(MTV)
「沖縄から防災を考える」(日本文化チャンネル桜)

ラジオ
「フレモニ」(RSK)
「ありがとう浜村淳です」(MBS)
「つボイノリオの聞けば聞くほど」(CBC)
「ごごイチ」(CBC)
「プレミアムテラス」(FM沖縄)


著作一覧

2018


2017


2016


2015


2014


2013


2012


2011



2010


2009



2008


2007


2006


2005


2004


2003


2002


2001


~2000